Blog ブログ

マウスピース矯正とは

目立たず安心して矯正治療

すずらん歯科矯正歯科では、マウスピース型矯正歯科装置「インビザライン」を使った矯正治療を行っています。
インビザラインは米・アラインテクノロジー社の製品で、さまざまなメーカーから販売されるマウスピース型矯正歯科装置の中でも世界最大のシェアを誇り、100カ国以上の国で提供され、520万人を超える患者さんが使用しています(2018年1月現在)。
患者さん毎の歯型のデータはインターネットでアラインテクノロジー社にオーダーされ、製作されたマウスピースは空輸により当院に届きます。インビザラインは症例によって使用できない場合があり、奥歯が当たらなくなりやすい、紛失の恐れがある、長時間使用しなくてはいけないというデメリットがあります。まずはお気軽に当院までご相談ください。

インビザラインは薬機法
対象外の
治療機器です

インビザラインは1997年にFDA(アメリカ食品医薬局)の認証を受けています。
ただし日本では、患者さんそれぞれにつくる装置で、機械で製作されることから、医療機器としての矯正装置には該当しません。
使用する材料そのものは薬事承認されているため、安全に使用していただけます。